びわの葉温圧灸

 

びわの葉には、アミグダリン(ビタミンB17)という成分が含まれています。その成分が肌を浸透して体内に入ることで、自然治癒力を高めるお手伝いをします。万病の根源は、自然治癒力の低下によるもの、という観点から、自己治癒力を上げることで、あらゆる体の不具合を自らの体が調整していきます。


びわの葉温圧灸は、びわ葉の効果、指圧効果、よもぎ100%からできている「もぐさ」の遠赤外線効果、と3つの効果があり、体の気の循環を調整することで、自己治癒力を高め、自分の体を自己治癒してきます。


詳しくは、こちらをご覧ください。